<経歴>
1945年:佐賀県唐津市出身
1970年:東邦大学医学部卒業
1970〜1972年:九州大学医学部・麻酔科学教室
1972〜1980年:九州大学医学部・産婦人科学教室
1980〜1983年:福岡赤十字病院・産婦人科
1983年 4月  :久保田産婦人科医院開業
2017年7月:同院閉院
2017年8月:株式会社 風(かぜ)に久保田生命科学研究所を設立
 
<専門
周産期医学 産科麻酔 超音波診断学 臨床体温
<資格>
日本産婦人科学会専門医(第19726810-N-8702号)
麻酔科標榜医(麻第2225号)
日本超音波医学会認定超音波専門医(専門医第185号)
医学博士(九州大学医学博乙第1397号)
<主な研究>
無痛分娩(産科麻酔)
超音波断層法による胎児・胎盤診断
前置胎盤における冷凍自家血輸血の使用経験(1985年)
安産のための設計図(お産と予防医学)
妊婦水泳 ・ 水中散歩
新生児の栄養と発育に関する研究
SIDSのメカニズムと予防がアメリカヤフーのトップにランクされました。
★SIDSメカニズム(Also try
★SIDS Prevention

新生児の体温調節機構に関する研究
医療法人KMC 発達障害児発生防止策に関する研究
久保田産婦人科麻酔科医院(福岡市) 乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因に関する研究
院長 久保田 史郎 自閉症スペクトラムの原因と予防法に関する研究
皆様からのご感想などをお寄せください。
メールフォームはこちらです。
   
自由民主党本部 障害児者問題調査会にて講演 平成27年3月12日 <講演>
佐賀市の子ども育成に関わる職員向けの研修会(市保健福祉会館)2015年6月1日 第21回 鹿児島県母性衛生学会 特別講演 2008年8月
環境温度が赤ちゃんの体温調節機構に及ぼす影響
―赤ちゃんを発達障害・SIDSから守るために―

おじゃましまーす
福岡県保医新聞(2004年4月5日)

第19回臨床体温研究会(札幌市)2004年8月
トップインタビュー:久保田史郎 教育講演:
環境温度が赤ちゃんの体温調節機構に及ぼす影響
特集 母乳育児経験者が伝えたい、母乳育児のデメリット ―赤ちゃんを発達障害・SIDSから守るために―

ビスネット(消費生活アドバイザー) 第9回日本小児科麻酔学会(福岡市)2003年9月
第28回日本分娩研究会講演のお知らせ
会長講演 久保田史郎「妊婦と赤ちゃんの冷え性を考える」
教育講演:
環境温度が赤ちゃんの体温調節機構に及ぼす影響
―乳幼児突然死症候群の原因は放熱障害―

九州学士会11月公開講座のお知らせ
講師 久保田史郎
「産婦人科医の立場から、日本の将来を考える〜わが国の少子化対策、増え続ける発達障害児、周産期医療の機器など〜」
第38回九州大学麻酔・蘇生学教室開講記念会
2000年11月
特別講演:
環境温度が赤ちゃんの体温調節機構に及ぼす影響

<著書>
●安産と予防医学 「THE OSAN」
「カンガルーケア」と「完全母乳」で赤ちゃんが危ない
(小学館)

妊婦と赤ちゃんに学んだ「冷え性と熱中症の科学」(東京図書出版)

   
新刊のお知らせ
平成29年11月7日全国書店およびアマゾンで発売
 
 発行:東京図書出版 発売:リフレ出版 定価1,600円+税
 
目次
序章  はじめに
第1章 私が「冷え性」に関心をもった理由
第2章 冷え性を科学する
第3章 本当は怖い、“妊婦の冷え性”
第4章 水中散歩で冷え性を治す
第5章 水中散歩で生活習慣病を改善
第6章 赤ちゃんに学んだ「冷え性」の科学
第7章 自律神経の落とし穴
第8章 発達障害と児童虐待を防ぐために
第9章 母乳育児推進運動の悲劇
第10章 冷え性と熱中症(うつ熱)は背中合わせ
第11章 乳幼児突然死症候群はうつ熱(衣服内熱中症)が原因
第12章 産科麻酔科専門医制度の導入について
第13章 日本のお産の常識が生まれ変わる時
第14章 日本の助産師教育を見直す時
第15章 皆様からのメッセージ
第16章 終わりに

プロフィール
図表 No.1〜No.47(PDF4.1MB)
本の内容
   

 
 
発刊にあたって

■この書籍はコチラより購入できます。